みけの園芸日報

アクセスカウンタ

zoom RSS 招き猫ワークショップ

<<   作成日時 : 2011/03/18 20:53   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

デンドロビュームの小野小町が満開になりました。他の蘭は、昨年の春先の寒さと猛暑で、いまひとつです。暖かくなったら、植え替えをして、再生を図りましょう。

画像


先日、神戸に本社のあるフェリシモが開催する「招き猫づくりのワークショップ」に参加しました。

以前、ねここねで、粘土で猫をこねてみたりしたのですが、その「教科書」の作者の高橋理佐さんが、講師としてわざわざ神戸に来られるとのこと。
これはぜひ申し込まなければと、りきみすぎて、申込受付期日より先に申し込んだものの、返信メールが来ないので、重複申し込みをしたあげく、フェリシモのお問い合わせ窓口に電話して「申し込み確認のメールが来ませんっ!!」と苦情を言う始末…(全く、おばちゃんって、ほんと困ります)。

当日は、東北関東大震災の翌日で、先生が来られているのやら、開催されるのやら行くまで分からなかったのですが、無事に「ねここね教室」は開催されました。(前日に来られていたそうです)

場所は、フェリシモの本社ということで、オシャレなビルのオシャレなオフィス。しかも21階という神戸の海も山も見渡せるようなすてきなロケーションです。神戸のいなかから出てくると、どきどきしますね。
高橋理佐先生は、カルチャーセンターで教えている手馴れた講師という感じではなくて、ゲイジュツカという感じでした。こんなおばちゃんに教えてくださるなんて、ほんとに申し訳ない…。
フェリシモのスタッフさんも、あんまり手馴れてない感じで、若い人ばかりでフレッシュ♪
(こんなおしゃれなところは、やっぱり若くてきれいな人がいなくちゃ!!)

7〜8人に分かれたテーブルで、配られた粘土のかたまりから、こねていきました。
私がいつも使っている粘土は、人形用の紙粘土ですが、今回配られたのは超軽量粘土でした。
すぐ乾燥するので、なかなか造形が難しい(年とって、手のひらがガサガサだからか…?)。

2〜4時とのことでしたが、みなさん熱心に作られていて、終わったのは5時前。30人ほどの方が、先生の教えに従って、粘土をこねるうちに、こんなすてきな猫の集会が出現。
同じ材料で、同じように先生のおっしゃるように作っても、1つとして同じものがありません。
作った人に似るそうです。(クリックで拡大します)

画像


私が当日作ったはこれ。たしかに、まじめできっちり、おもしろみに欠ける、まさに外ヅラのほうの私。

画像


終了後、先生にお願いして、一緒に写真を撮っていただいたり、すでに猫をこねすぎて、かなりぼろぼろの「教科書」にサインをいただいたりしました。(ご一緒させていただいた写真は肖像権侵害になるので掲載しません 笑;)

画像


このねここね、本体はわりと慣れると簡単に作れるのですが、顔の部分の鼻から目にかけるあたりの、凹凸をへらでつけていくあたりが難しい。先生は、へらを”するする〜”と動かして「(こうしてこうして)くぼみをつけます」と実演されましたが、自分がやると、どうもうまくいきません。

…で、結局、家に持って帰ってから、やり直しをしてみることに。
のっぺらぼー。

画像



画像


で、色をつけて、目を書き直してみました。いつも作っているサイズの2倍あります。

みけです。(ひねくれぎみな目つき、これが本当の私?)
隣は、いくつか作っていて、そのうち彩色しようと思っているものです。

画像


先生には、こんな猫の色をどう塗ったらいいのかを、教えていただきました。黒猫は簡単ですが、サビ猫は難しいんです。以前、作ってみたら、雑巾みたいになったので、なんとしてもコツをつかみたくて…。
(って、本物が雑巾柄なんで、まあ、そのままなのかもしれないんですけどね。)

画像


もう少し腕をあげて、ブログでお知り合いになった方の猫ちゃんを作って「送りつける!」のが私の野望です。



16年前の神戸の地震…。
私の住んでいるところの被害はたいしたことはありませんでした。大きくゆれて、ライフラインがしばらく止まったぐらいでした。

ヘリコプターが常に飛んでいたこと…。
見たこともないような自衛隊の特殊車両が行きかっていたこと…。
それ以外の一般の車には、使用用途を書いた紙が貼ってあったこと…。
いつもと違うルートで電車を乗り継ぎ、代替バスを乗り継ぎ、リュックを背負って通勤したこと…。
通勤の帰りに、壊れた側溝のふたを踏み抜いて転んで、ものすごく痛いのにしばらく我慢していて、実はうっすら骨にヒビが入っていたらしいこと…。(今でも側溝のふたを踏むと、背筋がちょっと寒くなる)
「地震のまえ」と「地震のあと」という表現で、以前のことを言うようになったこと…。
はじめて開催されたルミナリエに、こんなことができるまで復興したんだと感激したこと…。
あっちが直り、こっちが直り、いつの間にか1年に1回(1月17日)しか「地震」と聞かなくなったこと…。

テレビを見て、いろいろなことを思い出しました。
今の神戸は、それはそれはきれいな街になってます。
あれだけの地震があったとはとても思えません。
(今、神戸に住んでいる人の3分の1は、直接、あの地震を知らない人なのだとか。)

たからきっと、平穏な日々が訪れると思います。



レイ:「ボクの元気、届けたいね!!」

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
楽しいリポート、有難うございました!
招き猫大集合の写真は何だか嬉しくなっちゃいますね〜(^^)
外ヅラみけさんとホントみけさん…どっちもステキです☆
16年前の話、有難うございます。きっと平穏な日は来ますよねっ
レイ君、元気パワーを送ってね!ヨロシク〜ッ
サチャママ
2011/03/19 02:03
サチャママさま

招き猫大集合、とっても楽しいでしょ。
一番手前の猫さんは、ブルドッグ?って皆さんの爆笑を誘ってました。
外ヅラみけとホントみけ、どちらも私です。
地震から16年もたつんだなぁと思います。
みんなで元気パワー☆をとどけたいですね。
みけ
2011/03/19 20:29
招き猫、かわいいですね。
自分の手から何かを作り出せるって素晴らしいです。
うらやましい。
震災からずっとなにか苦しい気持ちでしたが、招き猫たちの笑った顔を見たら、ほんわかしました〜〜。
dobien
2011/03/24 22:40
dobienさま

ありがとうございます。
でも、先生が作られる物には、遠くおよびません。
修行して、りーちゃん、作って送りつけますよっ!!
待っててください!!

テレビで見るだけで、本当に苦しくなります。
少しずつ少しずつ、笑ったりほんわかしたりできることを
増やして行けるといいですね。
みけ
2011/03/25 20:37
なるほど・・・粘土教室!!
やっと分かりました
お茶碗とか作っているのかと思いました!!
凄いですね!細かい作業っぽい
でも・・・着色されてるネコちゃん!!
怖いです

お庭!!今日も寒い神戸ですね!!
さん太ママ
2011/03/26 11:58
さん太ママさま

ずっと前に、お茶碗ではないけど、陶芸の教室に参加したことが
あるけど、難しかったですよ。作品は即、荒ごみへ…。
怖い?確かに目つきが鋭いのが、私の「作品」の特徴!!
作者の内面が出るんよね。

寒いけど、これくらいのことで文句言ったらいかんのよね。
はやく暖かくなるといいんやけど。
みけ
2011/03/26 20:35
今更ですが、こちらを発見いたしました。ご参加ありがとうございます!!
私にとっても楽しい一日でした〜(^^) 顔のヘラ押しは、心の赴くままに
どうぞ(笑)と、サビ猫ですが、とりあえず使う絵の具を用意し、
目をつぶって筆をのせる・・・というやり方はどうでしょう? 私は
今度トライしてみまーす。ではでは又機会がありましたら♪
The ゲイジュツカ(^^)v 
2011/03/28 17:58
The ゲイジュツカ(^^)v さま

せんせー!!ご訪問ありがとうございます。
その節は、大変お世話になりました。
ご一緒させていただいた写真は、公開しておりません。あしからず。
(先生は美しいゲイジュツカでも、私がね…。)

顔のヘラは、心がなかなか赴かず…。
目をつぶって筆をおくなんて、まだまだ修行が…。

これからも、ご活躍、神戸のいなかからお祈りしておりま〜す♪
みけ
2011/03/28 20:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
招き猫ワークショップ みけの園芸日報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる