みけの園芸日報

アクセスカウンタ

zoom RSS いちごに寒肥、ふきん誤食!

<<   作成日時 : 2009/12/25 18:13   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

12月中旬に、いちごに寒肥をあげようと思っていたのに、すっかりわすれて、数日前にやっとあげました。
腐葉土で、株元を覆って、寒さ対策もばっちりです。
あとは春を待つばかり。

画像


水仙も、最近までの暖かさで中途半端に芽を出しています。
雪が降ったりして、痛まないかちょっと心配です。

画像


花壇のほうは、宿根草などを刈り込んで、すっかり冬の庭です。

画像





ずいぶん、更新していませんでしたが、その間に、レイには大事件が勃発!!
なんと、台所のお皿を拭く、30cm角の薄いふきんを丸呑みしてしまったのでした。

タオル系統のものが大好きで、いつも銜えようとするので、非常に気をつけて高いところに掛けたりしていたのですが、一瞬のスキをついて、ふきんを銜えてしまいました。
ゆっくり取り上げればよかったのですが、こちらもあわててしまい、あっというまにゴックン!!

急いで病院に連れて行き、吐き出す処置をしてもらうものの、まったく吐きません。
あれこれやってもだめで、先生から「こんなに頑固に吐かない子は、病院開院以来始めて」とのお墨付きをいただきました。

普通なら、数日様子を見ていると、自然に吐き出す可能性もあるのですが、今回は年末のお休みが迫っているため、腸に詰まってしまったりすると、一大事だということで、内視鏡で、取り出すことになりました。
内視鏡の前に、レントゲンで位置を確認しましょうということで、人間でも飲むのがいやなバリウムを飲むことになりました。レバーペーストで風味のついたバリウムを、あっというまに完食。「おかわりっ!」の勢い…。
看護師さんに、「わー、しっぽ振って飲んでるぅ!かわいいぃ!」と言われる始末…。

内視鏡は、全身麻酔なので、まったく思い知ることなく、ふきんは取り出されたのでした。

ペティオのサイトにも、誤飲誤食の多い犬種で、一番最初に書いてあるのが、ゴールデンレトリバー。
「食べることや口にモノを入れるのが好きな性質の犬種」とあります。
このあと、うちでは小さいふきんは処分して、絶対一口で飲めないタオルを1枚、台所で使うことにしました。


レイ:「…」(反省の図 あくまでイメージ)

画像



りお:「ふきんって、おいしいの?」
まお:「まあ、普通食べへんのちゃう?」

画像


ほんと、あきれます…。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
無事布巾が出てきてよかったですね!
うちも義兄のとこのラブちゃんもダスター大好きで、
ブンブンしながら咥えてます。
ホントにラブって何でも食べちゃう〜って義姉が嘆いてますよ。
りお、まおちゃんのツーショット、とっても可愛いです♪^^
ぬいぐるみみたいだ!!
Ameriマム
2009/12/26 22:52
はあ、なんとか出ました(涙)…。
食べたのを見ていなければ、後で大惨事にもなりかねません。
お義兄様のところに限らず、この手の事件は、多いようです。
もちろん、普通の人間の食べ物も、うかうかしてると
べろべろべろーん、とやられます。><;

まおりおの平和ぶりが、あまりに対照的でしょ。
りおの、もふもふまるまるぶり、和みます。
みけ
2009/12/27 09:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
いちごに寒肥、ふきん誤食! みけの園芸日報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる